ADR−502C.652C

蓄積されたノウハウに更に新技術を構築!
お求めやすいハイパフォーマンスを実現した最新鋭機!
ADR−502C(最大加工幅 約500mm)に加え、ADR−652C(最大加工幅 646mm)も新登場!

    ■操作盤
  • フェイスシートの押しボタンはゴミが入らず操作性がよく、フレーム左サイド面に配置。

    ■送材
    送材の確実性
  • テーブルはベルト式。更に上ロールも駆動。
  • 特に板材、大柄材の切削にも不安がありません。
    駆動モーターを直結式
  • シンプルで力強い。
  • フリーメンテナンスにまた一歩近づいた。

■機械仕様
型式
ADR−502C
ADR−652C
最大切削寸法(幅×高さ)496×400mm 646×400mm
最大切削量8mm8mm
オートリターン最小高さ15mm15mm
床面からのテーブル高さ820mm820mm
使用刃物ジョインターナイフ 500×32×5mm×3枚 ジョインターナイフ 650×32×5mm×3枚
主軸刃先円直径φ100mmφ100mm
主軸回転数 50Hz/60Hz4600/5500min-14600/5500min-1
送材速度5〜20m/min5〜20m/min
リターン速度20m/min20m/min
モーター主軸3.7kW 5.5kW
昇降0.4kW0.4kW
送材ローラー0.2kW 0.4kW
送材ベルト0.4kW 0.75kW
集塵口径φ150mmφ150mm
機械寸法(幅×長さ×高さ)1218×4765×1412mm 1425×5490×1412mm
機械質量940kg 1200kg
■オプション
主軸増馬力5.5kW7.5kW
エンシンブロックφ100×500mm 3P HC 強化タイプφ100×650mm 3P HC 強化タイプ
セクショナルローラー
フットペダル
上送材ローラー追加